介護老人保健施設 ホリスティカかまた

介護老人保健施設 ホリスティカかまた

施設長より


新型コロナウイルス感染対策について

新型コロナウイルス感染の国内発生拡大に伴い、当施設では面会禁止とさせて頂きます。
ただし、医師からの説明や入退所当日など、施設側で必要と判断した場合は除きます。
●面会を許可された方には事務室にて『体温チェック』『マスク着用』『アルコールによる手指消毒』にご協力をお願いいたします。
●当面の間、原則として入所中の利用者様の外出・外泊は出来ませんのでご了承下さい。

入所中の利用者様を感染症から守る為、ご理解とご協力をお願いいたします。

介護老人保健施設ホリスティカかまた
施設長 安田 悟


当施設からのごあいさつ


介護老人保健施設ホリスティカかまたでは

をモットーに、ご利用者様の在宅復帰に向けたサポートをしております。


介護老人保健施設とは?

施設サービス計画書に基づき、医療的な管理の下、在宅生活に復帰するお手伝いをさせていただく施設です。

■こんな時にご利用ください■

・病院からの退院が決まったが、自宅で過ごすことに不安がある。。

・リハビリを行って、もっと元気に過ごしたい。。

・気分転換に、ショートステイを利用したい。。


老健施設案内


介護老人保健施設ホリスティカかまたの特徴

・クリニックを併設、施設内で受診が可能です。

・療養室は、特別室から多床室まで、多様なニーズにお応えします。

・ユニットケアに対応した療養室も完備しています。

・在宅生活を目標とした、回復期リハビリテーションを提供します。

・リハビリテーションを目的とした短期入所にも対応しています。



マンツーマンで心のこもったリハビリテーションを提供します!

利用者様の個性に合ったプログラムを作成し、医師、看護師、理学・作業療法士、介護福祉士がチームとなって治療にあたります。

一日でも早く回復していただくために、入所後の3ヵ月は”週4〜5回”のリハビリを行っております。

認知症の方には”回想法”を積極的に取り入れております。


体への負担が少ない「レッドコード」によるリハビリテーション

当施設では、「レッドコード」という器具を導入しております。
レッドコードセラピーとはノルウェーで開発され世界各国で行われている運動療法です。天井から吊るされた赤いロープ(レッドコード)を利用することで体への負担を少なくし、柔軟性・体の機能向上を目指します。  レッドコードを使って手・足を吊るしながら、重力をコントロールすることで、牽引効果やモビライゼーション、リラクセーション、ストレッチ、トレーニングが行えます。

<体の機能回復効果>
 バランス能力向上による日常動作の改善
 循環機能の改善・筋力強化による肩こり・腰痛予防
 基礎代謝の向上による生活習慣病の予防、改善
 脳卒中後の日常生活動作、(高齢者)の転倒予防

<リラクセーション効果>
 首、肩こりの軽減
 肩、腰、膝など関節の痛みの軽減
 脳卒中、脳性麻痺などによる筋肉の緊張をほぐし、関節の柔軟性向上を目指す

以上のような効果が期待できます。その他、体に負担なく行え、安全に行える運動になっています。また、運動強度の調節も可能なのでご利用いただく皆様に合わせて行えます。ぜひ一度体験してみてください!